中古トラックの購入について

MENU

中古トラック購入のメリット

中古トラックを購入する上での最大のメリットと言われるのは、
「安い価格で購入できること」と「購入予算内での選択肢が増えること」です。
トラックの新車価格は非常に高額ですが、
中古になると価格は新車に比べれば大幅に安くなります。
中古といってもトラックは耐久性優れていますし部品交換や
修理がしやすい構造であることで、
まだまだ使用に耐えられるものを新車の半額くらいの値段で購入できるのです。
新車時価格が高いトラックですから、
半額といっても何百万円も安く手に入れることも少なくありません。

 

この価格の安さに繋がることとして、
購入予算内での選択肢が増えるというメリットがあります。
購入予算が少ない場合に新車を購入しようと思えば、
どうしても小型で機能面でもあまり充実していないトラックを選ばざるを得なくなります。
しかしその予算内で中古トラックを購入するのであれば選択肢は大きく広がり、
大きさや機能を諦めないでも型が大きく機能面でも充実したトラックを購入できるのです。
こうしたことに加え、次のようなメリットも挙げられます。

 

・手続きを完了すればすぐに使用できる現車の購入であることから、
新車に比べて納車までの期間が短いこと
・「自動車所得税」は取得価額が課税標準として税額が計算されることから、
新車に比べて税額が安いこと
・トラックは整備を怠らなければ20年以上、
走行距離100万km以上でも乗り続けられるほど耐久性に優れていることから、
年式や走行距離がそれほど売買の価格に影響しません。
そのことで中古車は値落ちしにくいこと

 

 

中古トラック購入のデメリット

中古トラックの購入にはさまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。
そのデメリットとして必ず挙げられるのが、
「流通している中古トラックの中には、
コンディションが決して良いとはいえない車両もみられる」という点です。

 

中古トラックは自家用の乗用車ではなく
業務用の商用車として運搬をメインに使用されていることがほとんどであることから、
丁寧に扱われてきたコンディションの良いトラックは少ないといわれます。
また外観に比べエンジン部分やエアコン、
オーディオなどがダメージを受けていることがあるともいわれます。
しかしトラックは乗用車とは比較にならないほど頑丈に造られていますから、
しっかりとしたメンテナンスさえしていれば、
重量物を積載したり少々無茶な運転をしたりしても
簡単にダメージを受けるようなことはまずありません。

 

しかも中古トラックのコンディションは買取りの際の査定で点検されていますから、
特に悪徳買取り業者でない限り、
今後の使用に耐えられないようなトラックが市場に出回ることはほとんど考えられません。
もし市場に出す場合には、
特別な価格を設定するとともに問題のある部分についての説明が行われるのが一般的です。

 

とはいえ中古トラックの購入に当たってはデメリットもあることを知っておかなければ、
すぐに修理や買換えが必要になって「安物買いの銭失い」になる可能性があります。
年式や走行距離ばかりにとらわれることなく、
買取り業者に前の持ち主のメンテナンス状況を確認することや
しっかりと試乗してみることを忘れないでください。